健康診断等でコレステロールが高いと医師から指摘を受け、まじめにその改善に向けて取り組まれている方も多と思いますが、そんなコレステロールにも良い物と悪い物が有る事をご存知でしょうか。

今回そんなコレステロールについて、人体への影響や高いと指摘を受けたコレステロールを適正な数値にする為の方法について考えて見たいと思います。
先ず人の身体には大きく4種類の脂質が有ります。

中性脂肪、コレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類です。

しかもそれら4種類はそれぞれが身体の健康に重要な役割を持っている為、一概に身体に害があるのでは無く一定の基準数値内に維持して行く事が大切になって来ます。
中でもコレステロールに付いては健康診断等でその数値が高い等と指摘を受けやすい脂質である事から、多くの人はその存在をご存じで有ると考えます。

2種類のコレステロール

このコレステロールには「善玉コレステロール」(HDL)と、「悪玉コレステロール」(LDL)の2種類が存在しております。

善玉コレステロールは血液によって全身に運ばれたコレステロールが余剰になってしまい、血管の内壁等に蓄積してしまったコレステルールを取り除き、血管内部を綺麗にしてくれる働きを持っております。

一方、悪玉コレステロールは血液によって全身にコレステロールを運ぶだけの働きしか持っていない為、血管内壁等へのコレステロールの付着等を促してしまいます。

これらの事から言えるのは当然善玉コレステロールが多く悪玉コレステロールが低い方が身体にとっては良いと言う事が判ります。

この様なコレステロール値が基準値を外れてしまった場合身体に与える影響には次の様な物が挙げられます。

先ず悪玉コレステロール値が高すぎる場合には、高コレステロール血症(高脂血症)や動脈硬化、脳出血や脳梗塞、狭心症や心筋梗塞と言った人の身体に取っては重篤な症状に繋がって行く場合が有ります。

又、このコレステロール値は低ければ良いという訳でも無く、低すぎた場合には精神的な不安感や、身体の免疫力の低下等を招いてしまう事も有りますので、コレステロール値は適正な範囲内に収まるバランスが大切である事が判ります。

ではこれらのコレステロール値を適正な数値範囲に保つためにはどの様な点に注意する事が必要なのでしょう。

食生活の改善

先ず大切な事は食生活の改善です。

現在の日本人の食生活は欧米化が進んでしまったと言われており、脂肪分の多い食生活に変化してしまっております。

特に飽和脂肪酸と言われる脂質を多く含む肉類やバター、糖質を多く含む食生活に変わってきた事でコレステロールの上昇に繋がって来ていると言われております。

食生活は肉食を控える様にし、不飽和脂肪酸を多く含む魚類(特に青魚)や野菜を中心にした食生活に改善して行きましょう。

更にコレステロール値の改善に効果的で有るとされるキノコ類や海藻類、豆類等も日々の食事の中に摂り入れてく事が大切です。

更に食生活の改善だけでは無く適度な運動も必要で、有酸素運動を積極的に採り入れる生活習慣を心掛ける様にしましょう。

まとめとして、コレステロール数値はコントロールして行く事が重要で、数値が高すぎる事は勿論、低過ぎても身体にとっては良くない物です。

きなりサプリ

コレステロールが気になるけれど、生活改善が難しいという方は、きなりサプリを試してください。

コレステロール値を正常に整える手助けをします。