血液がドロドロというのは、体内で脂質の代謝が上手く機能していない状態を指します。余分な脂肪が血液中に溢れていて、動脈硬化などの危険がある状態です。では、何を気を付けると良いのでしょう。

【血液がドロドロになる原因とは】
ずばり食べ過ぎです。
主な原因は、脂質の過剰摂取です。特に、肉の脂身や生クリームなどのこってりしたもの。これらには飽和脂肪酸が多く含まれており、悪玉コレステロールを増やすので、血液がドロドロになります。
悪玉コレステロールが増えると、酸化してプラークと呼ばれる血管の瘤になるリスクが高まります。これは動脈硬化や血栓の原因とされています。
飽和脂肪酸が多く含まれている食品は、脂身の多い肉類、バターなどの動物油脂、チーズやクリームなどの乳製品、卵などで、これらの過剰摂取には注意が必要です。

【悪玉コレステロールを減らす】
血液がドロドロになる原因の悪玉コレステロールを増やさないためには、飽和脂肪酸を多く含む食品の摂取を控えること。
それから、善玉コレステロールを増やすことです。善玉コレステロールには、余分なコレステロールを回収して、肝臓へ運ぶ働きがあります。
善玉コレステロールを増やすには、多価不飽和脂肪酸を多く含む食品を摂取すること。リノール酸やDHAなどが多価不飽和脂肪酸で、魚類や大豆製品に多く含まれています。必須脂肪酸と呼ばれているのが同じものです。
また、オリーブオイルなどの植物油に含まれている一価不飽和脂肪酸は、飽和脂肪酸と同じように働きますが、飽和脂肪酸と違い酸化し難い特徴があります。
しかし、どれか一つしか含まない食品といものはありません。食品により、多く含むものや少ないものがあるので、バランス良く食べることが重要です。

【トランス脂肪酸は控える】
トランス脂肪酸とは、不飽和脂肪酸の一種です。不飽和脂肪酸ですが、トランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やすだけではなく、善玉コレステロールを減らしてしまいます。
自然に存在するものと人口的なものがありますが、その違いによる人体への影響については研究段階で、詳細は分かっていません。
自然に存在するのは、牛や羊などの胃が複数ある反芻動物の胃の微生物により生成されるもので、牛肉、羊肉、乳製品に含まれます。
人口的なものは、本来常温では液体の油を固形化するための工程で、水素添加によって生成されます。マーガリン、ファストスプレッド、ショートニングなどの加工油脂と、それらを材料にしたパンやケーキなどの加工食品に含まれます。
一般的に、欧米に比べて日本人の摂取量は少ないので問題ないとされていますが、市販のパンを主食としている方などは注意すべきです。

【まとめ】
脂質を運び動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らして、脂質を回収する善玉コレステロールを増やすことで、体内で余っている脂質の代謝と排泄を促し、血液がドロドロになるのを防ぐことが出来ます。
飽和脂肪酸が多い肉の脂身や卵などと、トランス脂肪酸の多い食品を控え、一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸が多い大豆製品や魚類を積極的に食べることで、血液がドロドロになることを防いで、サラサラな血液を維持することが出来るのです。