1. ホーム
  2. コレステロール
  3. ≫コレステロール値の何が問題になるのか

コレステロール値の何が問題になるのか

コレステロールとは、細胞壁やホルモンの材料となる重要な物質です。無くてはならないものですが、酸化すると血管に付着して動脈硬化などを引き起こす原因にもなるので、血中濃度が重要になります。

【コレステロールの濃度】

以前は総コレステロール値として、種類関係なく血液中のコレステロールの合計量が220mg/dl以上で高脂血症と診断されていました。しかし、同じコレステロールでも、悪玉コレステロールと善玉コレステロールという種類があり、対になる働きをしている事が分かったため、現在はそれぞれの値から判断します。

・悪玉コレステロール(LDL)とは
全身の細胞にコレステロールを運ぶ役割りを担っていますが、酸化すると細胞に付着して塊になってしまいます。体内濃度が高いほど、コレステロールが使われずに酸化しやすくなるので、120mg/dl以上は危険で、特に140mg/dl以上の場合は脂質異常症と診断されます。

・善玉コレステロール(HDL)とは
体内のコレステロールを回収して、肝臓へ運ぶ役割りを担っているので、40mg/dl未満の場合は、コレステロールの循環が滞っている可能性が高いです。

・LH比とは
LDL値÷HDL値で算出した値です。
動脈硬化リスクの目安とされる数値で、目標値に合わせてLDLを減らしてHDLを増やすよう努めます。持病のない普通の人なら、2.0以下。心筋梗塞などの病歴や高血圧などの持病がある人なら1.5以下。この数値を超える場合は、動脈硬化や血栓のリスクが高くなります。

【コレステロールと食事】

バランスの良い食事が一番ですが、すでにLH比が高く、すぐにでも対策を取りたい場合には、水溶性食物繊維を多く摂るよう心掛けましょう。

・水溶性食物繊維の効果
食べ物を消化する際に、体内ではLDLを材料に胆汁酸が作られます。胆汁酸で脂肪やたんぱく質を分解し、分解されて出来たコレステロールを胆汁酸が取り込みます。そのまま小腸で胆汁酸ごと吸収されて肝臓に戻るのが、通常のサイクルです。ここに水溶性食物繊維があると、水溶性食物繊維が胆汁酸を取り込んで、小腸で吸収されずに体外へ排出してくれます。すると、足りなくなった胆汁酸を体内のLDLを使って再度生成する事になります。
結果、新たに体内へ吸収されるコレステロールを減らすだけでなく、胆汁酸の分のLDLを体内から排出してくれるのです。

・水溶性食物繊維が豊富な食べ物
水溶性食物繊維は、長芋、オクラ、納豆、なめこ、海藻類など、ねばねばした食品に多く含まれています。他には、大豆などの豆類、アボカド、牛蒡にも多くの水溶性食物繊維が含まれています。
一番のおすすめは麦です。押麦やもち麦を、普段のごはんに混ぜて炊くだけで、水溶性食物繊維が気軽に摂れます。

【まとめ】
コレステロールにも種類があり、高いと問題になるのはLDLと呼ばれる悪玉コレステロールです。HDLと呼ばれる善玉コレステロールは、逆に多い方が良く、LH比はその割合の目安です。LH比は健康リスクを表すため、LH比を下げるには、悪玉コレステロールを減らす必要があります。水溶性食物繊維を多く含む食品を食べることで、悪玉コレステロールを減らしてコレステロールの上昇を抑える事が出来ます。