【コレステロールとは】
コレステロールのケアを考えるうえでまず知っておくべき事は、全てのコレステロールが悪い訳ではなく、コレステロールは身体にとって必要なもので役割があると言う事です。
人間は1日に必要なコレステロールの量があり、その必要な量は1?2gと言われています。
そのコレステロールの重要な役割は、身体にある60兆ほどもある細胞の膜を構成する成分である事。そしてホルモンがストレスを受けた時などに必要な材料となる事。脂肪の消化吸収を助ける為の消化液である胆汁酸になる事。このように生きていくうえで重要な役割を担っています。

【全てのコレステロールが悪い訳ではありません】
コレステロールというとイメージとしては身体に悪い感じがしますが、役割でも説明した通り生命維持のためには必要なものなのです。更にその中には善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、身体に悪いと言われているのは一般的に悪玉と言われているコレステロールなのです。
善玉の役割は主に血液中に残っているコレステロールを回収し肝臓に運ぶ役目をしています。その回収されたコレステロールはホルモン、胆汁酸の材料になっていきます。
反面悪玉の役割はコレステロールの運搬を担っていて血液から全身に巡っていく仕事をしています。この運搬役が増えると必要以上のコレステロールが運ばれる為、結果余分なコレステロールが血液中に残る事となります、それが酸化し動脈硬化を引き起こす事になってしまいます。

【コレステロールの基準値は】
コレステロールの基準値は善玉も悪玉も役割がある為、一定数存在する必要があり、善玉については40?99mg/dl、悪玉については多すぎは問題があり139mg/dl以下である事が望ましく、両方合わせた総コレステロール値は150?300mg/dlとなっています。

【コレステロールで注意する事】
このようにコレステロールには種類があるのですが、気をつける事は悪玉と善玉の比率に注意する事で悪玉:善玉は2:1にする事が必要なのです。これは両方がそれぞれの役割を果たしてこそ健康が保てるという事なので悪玉だけを減らせばいいということでは決して無いので注意して下さい。

【悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを増やすには】
まず意識する事は食事なのですが、抗酸化作用のある食事を心掛ける事です。逆に酸化したコレステロールを多く含む食品は控えるようにします。酸化したコレステロール食品としてはレトルト食品などの長期保存したもの、何度も温め直したもの、干物なども多いと言われています。
またコレステロールを酸化させる要因として喫煙も挙げられているので愛煙家は特に注意が必要です。

【まとめ】
今までは悪玉コレステロールを減らせばいいと思われていましたが、実はそうでは無く身体にとっては善玉と悪玉はバランスよく存在する事が大事で、酸化した悪玉コレステロールが身体にとっては良く無いという事がわかってきています。食事や生活習慣を見直し酸化したコレステロールを摂取しないように注意していきましょう。